第85回「長崎平和学講座」が4月17日、長崎市内で行われました。講師は、長崎大学原爆後障害医療研究所の教授で、東日本大震災・原子力災害伝承館の館長である、髙村昇氏。チェルノブイリ原発事故や福島原発事故で、医療支援等に携わってきました。髙村氏は講演で、福島の事故から10年を経た今も、数万人が故郷に戻れない状況などについて語りました。